6月30日からフランスへ買付けの旅に出ていました。
今回は車でパリから南フランスまでの旅。夏のフランスは2年ぶりなので、とーっても楽しみにしていました。

が、出発の日の朝4時頃に、ものすごい悪寒で目が覚めまさかと思い体温計を引っ張り出しはかってみると、あっという間に38度5分に。何日か前から咽喉は痛いなと思いつつも、出張前は仕事も休めないし、友達との約束も詰まってるしで、たしかにハードスケジュールではありましたが、なんでこのタイミングなんだ~~。ただ、咽喉は痛いけど嘔吐や腹痛はなしなので、とりあえず解熱剤を飲み、家に残ってる病院の薬と(ほんとはダメですけど。)梅干やらそうめんやら冷えピタやらを急きょスーツケースに詰め込み関空へ向けて家を出ました。

IMG_2027.jpg

エールフランスに乗り込み1時間。ランチの時間。バケットが刺さってます。さすがエールフランスですね。私はというと熱が再度上昇し寒気が止まらずごはん食べる元気なし。関節も痛いし咽喉もどんどん痛くなる一方で映画も見れない、本も読めない、ひたすら苦しんでました。この熱下がらなかったら入国できないんじゃないのかしら…と不安になってきました。この状態で12時間。パリに着いた時はほっとしました。しかしシャルル・ド・ゴールで車を借り、いざ初日の宿に向かおうとした時に、空港内の道路が何かしらの理由で封鎖。レンタカー屋のお姉さんに「しばらく車はいっさい動かないわよ。」と言われて絶望的な気分でした。

ここからほとんど写真がないのですが、ようやく車が動き、シャルル・ド・ゴール空港近くのロワシ―ビレッジのアパートに到着。にゅうめんを作って薬飲んですぐに寝ました。明日は下がってれば良いのだけど…。




07/24|travel||TOP↑
プロフィール

tit.タニナホ

Author:tit.タニナホ
tit.代表 色々世界をうろうろしてます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
instagram
ブログ内検索
RSSフィード
リンク