上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
IMG_7134.jpg


夜の写真で悔やまれる…「ザ・チャーチル・アームズ」(The Churchill Arms)は、ウィンストン・チャーチル卿ゆかりのパブ。
1800年代にチャーチル卿の祖父母が通っていたことに由来する名前だそうです。西ロンドンの洗練されたケンジントン地区でも、大量のフラワー・バスケットできれいに飾られたパブはひときわ目立つ存在で、いつも常連さんで賑わっています。

中に入ると店内は天井から吊り下がるアンティーク、植物。私の中では、「ハウルの部屋だ!!」という印象です。(ジブリ馬鹿)それでもって、食事はタイ料理という不思議なパブ。ここで、後輩Nさんと待ち合わせ。というかなんとなく合流。


15年ぶりぐらいに会った彼女は、とあるメゾンで店長してるほど立派なロンドナーになっておりました。私もその頃からすると、びっくりするぐらい性格変わったんですが、彼女もそうなのかな。その時の職場はちょっとおかしいことが多かったので、辞めるのを勧めた記憶があります(笑)

まぁ、性格変わるというよりは、人の顔色を伺う事がなくなったのかな。伺っても一緒だし、伺ったらまた嫌がられる…という人の顔色伺うことによって生じる悪循環。何やってもうまくいかない恐ろしい無限ループ。そこから抜け出したもん勝ち。ましてや外国で顔色を伺う行為なんてない気が…態度に思いっきり出されるか言葉に出されるかですもんね。その分わかりやすい。

話は逸れましたが、話すこと話すこと面白い話ばっかりで、時間が経つのが早かったー。
一人で外国に来て生活していく大変さが楽しさや日常になるって本当にすごい。

次の日はお家に招待してもらって(これまたセンス抜群のハイセンスなお部屋でしたー。)またまたしゃべりまくって楽しい2日間終了。

「まだまだ上を目指します!」と言った彼女に惚れました。格好良すぎる。規模は違うけど私もまだまだ頑張るよ!




11/22|travel||TOP↑
プロフィール

tit.タニナホ

Author:tit.タニナホ
tit.代表 色々世界をうろうろしてます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
instagram
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。