上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
dey.gif

無事帰国致しました。最初はどうなることやら、、、という旅でしたが、何もなくて良かったです。

最後の日のパリのお話を。

rue du bacにある「deyroll」に行きました。何度見ても素晴らしいブティック。
動物の剥製(キリンやゾウなどの大型動物もたくさん)虫の標本、貝などがずらりと並んでいます。
deyrollは1831年に設立されたのですが、2008年2月漏電による火事で半分以上が消失。剥製の動物達は2度死ぬことになりました。

今回たまたま、この火事の後の動物達を撮ったフォトグラファーLaurent Bouchetの写真展が行われていました。「1000℃」は、そのエキシビションのタイトル。(同名の本も出版)

美しい羽だけが不思議に残ったクジャク、フォルムはそのままに化石になったようなペリカン、真っ黒になった鉱石のような珊瑚、など思わず息が出来なくなるような感覚になります。そして、不謹慎ながらその焼けた剥製達はとても美しく見えます。

Laurent Bouchetのコメント
「火事の後、私は思いもかけないことに気付きました。火はデロールを滅ぼしませんでした。それはそれの形を変えました。動物は黒こげになりました。(中略)最大に焼けた黒さと不思議な美しさの混成において、焦げた建物は、彼らの石棺になりました。 」

まさにその通りだと思います。
見れて良かった。久々に心に残る写真を見た気がします。

今回偶然昔のdeyrollのタグをパリで見つけました。
ランスハップブックで見れるかと思います。
スポンサーサイト
11/30|travel||TOP↑
R0010196.jpg

オランダから車で爆走、パリに戻ってきました。
やっとフリータイム!またまたmerciへ。2週間で商品もディスプレイも変わってました。
入り口のメインテーブルには、日本のマスキングテープがたくさん!3.2€とかなり割高ですが、フランス人も買うのかしら...。



R0010169.jpg

今回の自分の買い物は、このrepettoのバッグ。
自分のお店ではすぐに完売してしまい買えず、ついつい買ってしまいました。ユーロのほうが、免税で少し安かったので、まーいっかと。merciでこれの一回り小さいハラコのバッグを見つけてびっくり!カタログにあったかしら。というより、repettoのお店では見なかったような、、、。

今日は最後にお土産探しして、夜の便で帰ります。



11/27|travel||TOP↑
R0010176.jpg

昨日は、新しく知り合ったディーラーの倉庫に急遽行ってきました。生まれて初めてあんなにたくさんのカボションを見ました!世の中には(オランダには)まだまだこんな人がいるんだなーと思った1日でした。Rolloファンのみなさんは楽しみにしてて下さいね。1900年代~1920年代のドイツ、チェコのカボションがたくさん入荷しますよ。

写真は、お隣のアパートの猫ちゃん。
まだ子供なのか、甘えん坊さんです。今日は外に出してもらえずこの表情。

11/25|travel||TOP↑
DSC_4997.jpg

週末のメインの仕事も終わり、あとは恒例の梱包作業。大きな荷物は車で配送会社まで運び、細かいものはパッキング。
買ったものを並べてみたら、なかなか可愛かったので写真撮ってみました。気づけばだいぶ乙女な感じですね。アクセサリーをディスプレイするのに購入したものが多いので、色々なお店に並ぶかもしれません。今のメインは18世紀後半から19世紀初頭のものがほとんど。リボンの褪せた色合いが好きでつい目に留まることが多いです。

11/24|travel||TOP↑
R0010167.jpg

オランダにいます。オランダに通い始めて8年。通うのには色々理由があるのですが、もうオランダは見つくした!といっていいほど見てきました。大きい街も小さい町も。

”Landschap"は、オランダ語で”風景”という意味で、”Landschapboek"という屋号はオランダ人の反応が良い名前です。なかなかオランダ語のお店が日本にあるとは思わないですよね、普通。長年オランダに通い続けた集大成が”Landschapboek"というお店なのかもしれません。

11/21|travel||TOP↑
R0010151.jpg

ベルギー到着から早4日。毎日毎日朝から雨で仕事にならず。
ということで、毎日オランダに車を飛ばして通っています。

昨日は、少し疲れも出てきた所で、ブリュッセルで数少ない韓国料理屋へ。
その名も「SEOUL」は、日本の出張組でいつもいっぱいなのですが、今回もいっぱいでしたー。
みんなブリュッセルの食事は困るようですね、、。プルコギ美味かった!残りまだ10日ほどありますが、頑張ります!

11/17|travel||TOP↑
R0010122.jpg

無事ブリュッセルに到着しましたが、引き続きパリ日記。
マレのいつも行っているカフェのキッシュ。シャンピニオンがこれでもか、というぐらいたっぷり!
いつ来ても美味しい日替わりメニューがあります。

なんでも、パリの地下ではキノコが栽培されているらしいです。(フランス人情報)
想像するとなんだかすごいですね。

11/13|travel||TOP↑
R0010140.jpg

昨日11月11日はフランスは祝日。(その他の国も)なので、私達もお休みを。散歩がてら鉱石博物館と進化博物館へ。押し花、貝、剥製などたくさん見れました。今回こそ初ルーブル!と思ってましたが、やっぱり時間ないですね。ポンピドゥーにも行けなかった。

パリも本日で終了。今日はベルギーまで移動です。


R0010134.jpg

近所のスーパーの近くにいた窓猫。また会えるかな。
11/12|travel||TOP↑
R0010132.jpg

やっと行けました、話題のMERCI。日本にいてもパリにいても「メルシー行った?」が合言葉のように繰り広げられていたこの何か月。

私達の常宿はバスティーユのリシャールルノワール通りなのですが、一本お隣の通りでした。
こんな場所にあるの??というところですが、老若男女問わずたくさんの人達で賑わっていました。


R0010131.jpg

言わず知れたボンポワンのオーナー夫妻の経営するこのMERCI.。カフェ、お花、香水、雑貨、子供服、家具、、、と生活に密着した物の多くは、リーズナブルでとんがりすぎてない(コレットとはニュアンスがだいぶん違う気がします。)セレクトショップです。服はA,P.Cやrepetto などドメスティックブランドにもこだわっているのかな?と思いました。

残念ながら、ノエルのディスプレイの真っ最中で、一番メインの大きなディスプレイは工事中で見れませんでした。また次回に期待。


R0010125.jpg

↑MERCIではないのですが、パリで大好きな雑貨屋さん。
HOTEL DE VILLEにあるのですが、いつも名前がわからなず、、、。

11/10|travel||TOP↑
R0010112.jpg

大きな古い家具屋がたくさんあるクリニャンクール。目の保養になります。

写真のお店ではないですが、シャンデリアをひとつ、大きな糸巻機をひとつ購入。この糸巻機、南フランス地方の絹糸を巻くための道具で、18世紀後期もしくは19世紀初頭のもの。独特のフォルムでひと目で心奪われました。また写真をどこかでお見せしますね。

11/09|travel||TOP↑
R0010102.jpg

いやー、このランチのあと大変なことが起きましたよー。
このブログは友達も結構見てくれてるので、帰ってから話すか迷いましたが、もう話しちゃいますよ。

仕事で海外に行くようになってもう9年。小動物のようにトラブルに巻き込まれないよう、日々日本にいても海外でも充分気をつけてましたが、ついにジプシーにやられました。買付金ごっそり。もうわずか3秒ぐらい?知ってるお店でお店の中。多分、正面から真っ向勝負で。ななめがけのバッグのジップも開けられ、お金だけないんだもの。財布はあるのに。

でもここからが、まわりにいた皆さん総出及びセキュリティーの連携プレーで取り押さえ、白状させ、出てきました。絶対戻ってこないと思ったので、これにも驚いて腰抜けになりました。知らない人もみんな喜んでくれて嬉しかったです!!でも、ほんとに怖い。

気をつけててもなるんです。教訓です。



11/08|travel||TOP↑
DSC_4998.jpg

4日からパリにいます。
昨日は仕事始め、恒例のバスティーユのBrocanteのサロン。目の保養になる高価なアンティーク、ブロカントが目白押し。ディスプレイやコーディネイトは他の国よりもフランスは抜群にセンスが良いです。

もうひとつお楽しみは屋台。ほとんどのお店がワイン中心の屋台。
外で食べる料理は格別。
食べ終わった頃に大雨に見舞われ、堪能できずで残念でした。

11/06|travel||TOP↑
プロフィール

tit.タニナホ

Author:tit.タニナホ
tit.代表 色々世界をうろうろしてます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
instagram
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。