上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
DSC_3664.gif

真鍮製の小さな人形。

ベルギーの小さな町シネイで買いました。

こういう感じの人形をずっと探してたのですが、すごく説明がしづらい。

18世紀のお人形な素朴さ、未完成でフォークロアな風貌。

というところでしょうか。

また手放せない一品が増えました。

小さな、古木の朽ちたあたたかみのあるテーブルに置いておきたいです。


スポンサーサイト
04/29|travel||TOP↑
DSC_3662.gif

19世紀末のフランス製。

みなさん、これ何かわかりますか?


正解はブックマークです。

教会の聖壇にある大きな聖書用のブックマーク。

シルクの刺繍の入ったリボンに、写真では見えづらいですが、小さなメダイ、トップのパーツは天使が施されています。

私の好きなアンティークは、人の目にあまり触れないところでの美しさへのこだわりだったり、道具として成り立っていたものの存在感だったり。そういうものが好きです。

もう出会えるかどうかわからない、そんなものに出会えた時、何に使うとか、どうでもよくなってしまい、その存在感だけでもう充分、という気持ちになります。

これは、まさにそんな1品です。



04/27|private||TOP↑
tabi.jpg

無事、日本に戻って参りました。
ただいまです。

おかげさまで、帰りの飛行機は熟睡中の熟睡で、韓国→日本便はアップグレードシートと、嬉しいサプライズもあり、終わりよければ全てよしという感じでした。

荷物は順調に到着していますので、序々にお店に並ぶかと思います。

さてさて、今日はここでひとつご紹介。

私の名古屋の友人兼相棒、スギヤマタマミさんがこの度ブログを開設されました。
タマミさんとの出会いは、かれこれ何年か前か忘れましたが、パリで初めて知人を介して紹介、その2ヶ月後に、偶然パリの蚤の市で会う(!)というミラクルなお付き合い。その後もパリで会ったり、神戸でイベントやったり、名古屋でイベントやったりしています。
現在、次回名古屋でのイベント企画中です。

タマミさんのセレクトするブロカントは、どこかモノクロームで静寂を感じます。
そして、パリにとっても詳しいです。それは、もうガイドブック以上に。
いつも、びっくりするぐらいのパリ情報メールを送ってくれます。

以前は、パリツアーもやっていたので、一緒に行けた人はさぞかし満足しただろうなと思います。
 ブログにも情報があれやこれやと載ってますので、ぜひみなさん覗いてみて下さいね!

Annonces | tamami.++








04/26|travel||TOP↑
ze6.jpg

今回は、パリで1回雨が降っただけで、あとはかなり大晴日和で、雨女雨男には珍しく天気に恵まれた買付でした。春のヨーロッパは、高速にたくさんの動物が死んでます。(事故)中でも、ハリネズミは、50匹以上は天に召されてました...。冬眠から目覚めたとこだったのでしょうか。可哀想なハリちゃん。中央分離帯に生きてる野ウサギもいました。

休みがなかったので、結局博物館に行けただけで、どこにも行けず、食べ物にも久々にやられて、なかなかつらい旅でした。年のせい?とりあえず、早くスタッフのみんなに会えるのを楽しみに、今から帰ります。

次に来るのはいつになるやら。

しばらく日本で落ち着きたいです。

04/23|travel||TOP↑
ze3.jpg

ze4.jpg


夢のない画像をひとつ。

毎日毎日荷物を送ってたのに、最終日この有様。

毎日毎日、夜中まで梱包作業。引っ越し?というぐらいの荷物。

同業者の方なら、「わかるわかる」という風景だと思います。

苦しいなぁ、梱包作業。

今回は、ずっと欲しかった19世紀(1868年)のフランスのディスプレイ用の人形を買いました。

震えるぐらいの値段でしたが、もはやアンティークというよりは芸術品。

無事に届きますように。

またブロカントのブログで色々紹介したいな。

かなり自己満足な買付に終始してしまった気もしますが、今回は、「自分の家に飾りたいもの」をテーマに買付しました。

04/23|travel||TOP↑
ze1.jpg

オランダでは、ネットに繋がらずご無沙汰しております。帰りのシャルルドゴールからお届けしております。オランダからフランスまで約500km近く爆走してまいりました。

ベルギーからオランダへ。

いつものzeistのアパート。今回は、満室ということで一軒家を貸してもらいました。

中庭もあって良い部屋。しかし、オランダも仕事地獄でした...

ze2.jpg

初日は、猫が2匹通りすぎたりして、和みました。
04/23|未分類||TOP↑
ne2.jpg

今日でベルギーも最終日。ちょっとした熱射病になりそうな日差しと気温の中蚤の市。

蚤の市終わり、オランダまで行って配送作業。ブレダという町は、ベルギーからすぐのオランダの小さな町。一度泊まったことがあるが町に行くのは初めて。

緑と川と大きな公園がある、自然いっぱいの町だった。

ne33.jpg

かと思うと、すごく近代的な建物が並ぶ場所も。

オランダらしい町並み。オランダは、生活様式に関しては非常にセンスがある国。

この建物、云わば、一軒家が何軒もくっついてるような集合住宅。オープンなベランダに大きな猫がいて、ゆっくりくつろぐ人の姿があった。時間の流れがゆるりと過ぎている。

本来怠け者なので、一度ゆっくりすると復帰できない気がしてゆっくりとするのが割と苦手な私ですが、オランダのゆったり感は憧れでもある。でも、何も起きない生活にも耐えれないな、きっと。


04/16|travel||TOP↑
be12.jpg

ブリュッセルのアンティーク家具屋のディスプレイ。

カメラに入りきらなかった。この3倍ぐらいの量で、実験道具を置いていた。

実現出来てない、「ランスハップ理科室化計画」を目の当たりにしてしまい、軽くショックを受ける。

ベルギーのアンティーク屋は、ほとんど家具がメイン。

ブリュッセルも、アントワープも、とにかく色褪せた無骨な家具が多く、フランスよりも自分の好みには合ってるかも。うちは、どのお店にもベルギーで買った家具を置いてます。

04/16|未分類||TOP↑
ne.jpg

イースター中という事で月曜日祝日。
ブリュッセルの町のお店などはほとんど休みなのでオランダの蚤の市へ。

蚤の市というよりは、フリーマーケットなので家族で出店する人が多く、当たりはずれも大きいが、今日は当たり日。結構良いものたくさん仕入れた。5月末ぐらいに、ブロカントでイベントやろうと思ってるのでそのメインの商品を買付け中。

ベルギーからオランダに行くと、オランダの長閑さにびっくりする。
ずっとオランダにいるとあまり気付かないけれど。


04/14|travel||TOP↑
CINEY3.jpg

多分、去年もブログに載せたと思うシネイのホテル。

素晴らしい建物。庭も大きい。これで安いんですよ。

ミシュランガイドにも載ってるようで、夏はバカンスの人でいっぱいのよう。オーベルジュのような意味合いもあるのかも。(この時期はレストランはまだオープンしていないよう)

CINEY4.jpg

インテリアや内装も格好良い。

ベルギーの南側ワロン地方は、ベルギーの中でも美しい風景が広がる地方で、丘が広がって、森があって、川が流れて、山間にシャトー、そして村があって...という風景が見られる場所。

今回、パリが異常に人が多かったせいか、この田舎の景色にすごくはまってしまった。天気もすこぶる良かったせいもあるかもしれないが。

何度も通ってるはずの道も、気候が良いと全く違う風景なんだな、と思う。







04/12|travel||TOP↑
CINEY1.jpg

パリから、ルクセンブルグにも近いベルギーの小さな町シネイへ。

牛小屋でブロカント。べーベー鳴いてる牛を横目にブロカント。

去年は、大雪で寒さのあまり仕入をするどころではなかったのだけど、今年は暑すぎ。みなさん、牛小屋でビール飲んでソーセージ食べてる。

こういった地方の蚤の市は、すごいものがあるわけでもないし、意外と値段も高め。

でも土地柄、ドイツ、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、フランスと4カ国の人々が集まるので、物も色々集まるので、そういった面白さはあるかも。


CINEY2.jpg

牛小屋の外は、大きなオブジェや家具などが集まる。18世紀の木の人形がすごく欲しかったのだけど、かなりの高値で諦めた。残念。

04/12|travel||TOP↑
t5.jpg


来シーズンから、クローニクでレペットが始まるので、下見がてら新しく出来たサンジェルマンのレペットへ。ラッキーな事に、30%OFF期間。前回買い逃したポシェット購入。agneau(子羊)は柔らかくて吸いつく感じが良い。

サンジェルマンのスタッフもバレリーナ体型の人が多かったけど、1人小さくて小柄な女の子がすごく可愛かった!ボーダーのTシャツにストライプのショートパンツ(!)、真っ赤なタイツに、真っ赤なレペットのショートブーツを履いていた。日本ではなかなかこういう履きこなしは出来ない!ショートブーツは、クローニクにも入ってくる予定なので、思わず見入ってしまう。

海外ブランドでは、海外側と日本側の見解の違いというのはよくあることで、以前勤めていた会社でもよくそんなことを言ってたな、と思う。私は、なるべくフランスらしいレペットでいて欲しいなとファンとして思う。なので、現地で見る空気感は大事だ。インターネットで欲しいものはなんでも買えるからこそ、お店でしか出来ないことがあるな、としみじみと感じた。

04/08|travel||TOP↑
t4.jpg

まだ本調子じゃないのを良いことに、今日は休暇日。

今回、一番行きたかった自然史博物館へ。

ランスハップが出来るころから、自分達の興味があるものが、アンティークとしての「物」だけじゃなく、歴史的なもの、自然のものにかわっていった。多分、当然の流れであると思う。

「宗教」の美しさは、ヨーロッパで教会を訪れれば、宗教があらゆる文化を発展させてきたのは一目瞭然で、日本人は無宗教が大半を占める(勿論自分含め)とはいえ、その偉大さは否応なしに理解する事が出来る。

同じく、自然のもの-植物であったり、鉱石、化石、そして動物。
ランスに多く扱ってる博物画。この美しさもまた然り。

特に、私は古い押し花、鉱石。彼は、化石、貝、骨。

これは、お商売は関係なく、インスピレーションの源である。

この自然史博物館には、この全部があるといって過言ではない。

興味のある人も、ない人も、とにかく中に入って初めて目に入るこの風景には圧巻されること間違いなし。

04/07|travel||TOP↑
t2.jpg

t3.jpg

13区の蚤の市へ。ペリフェリック(パリの環状線)のGentilly下車。ここの競技場の蚤の市は結構好きなところなので、やってる時はいつも来る場所。


この日はパリマラソンの日で、パリ内は道路閉鎖。いつも思うが、N.Yとか東京とかパリとか、都会の人は走るの好きだなー、走るのが苦手な私は思う。

この週末、いつも食欲の鬼の私が、あまりお腹も減らず、時差のせいかと思いきや、夜に発熱。
無念。体が丈夫なとこだけが取り柄なのに。というかいつも気合いで何とかしてるのに。
無理せず薬に頼って寝たら治りました。


04/07|travel||TOP↑
t1.jpg

4月3日の金曜日からパリへ。
例によって、アシアナ航空でのフライト。
写真は、コペンハーゲン上空。よく寝れた。

金曜日ってことは、明日は蚤の市ということで。
あまりの眠さに何も食べずに就寝。

04/07|travel||TOP↑
プロフィール

tit.タニナホ

Author:tit.タニナホ
tit.代表 色々世界をうろうろしてます。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
instagram
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。